自分に合った看護師への道

看護師

どのような看護学校へ進学できるか判断する基準の1つとして、偏差値が挙げられます。今の自分の偏差値より高い学校だとしても、偏差値は勉強すれば上げることが可能です。また看護学校を選ぶ時には、より良い環境で学ぶために、どのような設備が整っているか知ったうえで選ぶことも大切です。

もっと読む

地域の密着性が高い職業

整体

自分に合ったスタイルを

整体師になりたい場合、養成学校に通って技術を習得することが多いです。学校では大きく分けて理論と実技について学びます。学校によっては整体院を併設していることもあり、プロの整体師から直接指導を受けながら実習的な学習をすることもあります。理論については通信制など自宅学習をするスタイルの場合もあります。しかし実技はしっかりと学ばないと技術が身に付きませんし、場合によっては危険も伴うため学校での指導を十分に受ける必要があるでしょう。また、学校選びにおいて整体師の資格が取れるということだけでなく、学習期間が十分であるか、または自分のライフスタイルに合わせて学ぶことができるかどうかをよく比較検討するといいでしょう。

地域で親しまれるために

整体師は身近な健康サポーターの側面があり、地域への密着性が強い職業の一つです。最近では骨盤矯正などの美容分野や、スポーツに関する知識を得ている整体師なども多くなっており、何らか特化した技術を持つ整体師も活躍しています。整体師の多くは学校を卒業してすぐに独立・開業するよりも、整体院等で一定程度の実務を積んでから独立するケースが多いです。学校では主に理論や技術を学びますが、整体院の経営となると実務の経験から学ぶことも少なくありません。特に都市部では地域内に複数の整体院がひしめくことも多く、特色があることが自然と求められます。また、整体師は対人での仕事ですので人柄の良さやコミュニケーション能力も必要となります。そのような整体師の資質について、基本的なことは学校でも教わりますが、最終的には整体師個人の努力も必要となってくるでしょう。

将来に向けて

メンズ

理学療法士は現在の日本には欠かせない資格であり職業となっています。そんなことから医療機関からスポーツ、サービス業など幅広い分野で必要とされているようです。理学療法士になるには専門学校などで3年間学ぶことが必須、その後資格試験へと進みます。

もっと読む

患者に寄り添う資格です

ウーマン

医療ソーシャルワーカー資格は、非常に広く門戸が開かれている資格です。社会福祉士の国家資格を有しており、医療機関で勤務している方を医療ソーシャルワーカーと呼びます。決して簡単な試験ではありませんので、しっかりと準備を行い、資格試験に挑むようにしましょう。

もっと読む