患者に寄り添う資格です|整体師の専門学校で知識をしっかり身に付けて将来の蓄えに

患者に寄り添う資格です

ウーマン

取得方法は

医療ソーシャルワーカー資格は、正式には社会福祉士の資格を指します。また、ソーシャルワーカーは資格の名前ではなく、業務上の呼称と考えることができます。社会福祉士の資格を有して、医療機関で働くソーシャルワーカーを、医療ソーシャルワーカーと言います。医療ソーシャルワーカー資格は国家資格です。その取得方法は非常に多岐に渡りますが、最も分かりやすい方法は、福祉系の大学等で4年間指定科目を履修し、国家試験の受験資格を得る方法です。他にも、福祉系の短期大学で指定科目を履修し、卒業後に相談補助業務に従事することによって、受験資格を得ることができます。この場合は、短期大学での履修期間と相談補助業務の経験期間を通算して4年間になる必要があります。

高校卒業でも取得できる

その他には、一般の大学等で4年間履修した場合には、その履修した科目に関係なく、一般養成施設等で一年以上の経験を積むことによって受験資格が与えられます。さらには、高校卒業の資格しか有していない場合であっても、相談補助業務に4年間従事し、その後に一年以上の一般養成施設での経験を積めば、受験資格を得ることができるのです。このように、医療ソーシャルワーカー資格は、門戸が広く開かれている資格です。資格取得後の活躍の場も広く、医療ソーシャルワーカー資格は非常にやりがいのある資格であると言えます。社会福祉士国家試験の合格率は20%から30%程度ですので、決して簡単な資格ではありません。しっかりと準備を行い、資格試験に挑むようにしましょう。